インターソリューションマーケティング

Bluetooth アクセスポイントはこんなに便利

Bluetooth アクセスポイント はこんなに便利
複数のBluetooth機器を取りまとめたり、LANへ接続させたりすることができます。
Q:こんなことはできますか?
  1. Bluetooth対応ハンディターミナルでLAN構築したい
  2. Bluetooth対応ハンディターミナルの通信距離を伸ばしたい
  3. シリアル機器のケーブルを無くし、シリアル通信のハブとして使いたい
  4. 1台から複数の機器へ同時に一斉データ送信したい
  5. Bluetooth対応のパソコン・PDA・スマートフォン等でインターネットアクセスしたい
A:はい、できます。
接続図
Bluetooth LAN接続例の図
ソリューション例
 POSシステムとBluetoothアクセスポイント
 電力消費で低コストなBluetooth対応のハンディターミナルやPDAのデータ入出力を無線LANで制御したい。
Bluetooth LAN ソリューション例
■データの流れ
 ①ハンディターミナルで読んだデータをBluetoothワイヤレス送信
 ②Parani-MSP1000経由でデータを受け取る
 ③LAN上のサーバーへデータ送信
 ④データベース検索後、そのデータをParani-MSP1000へ
 ⑤Parani-MSP1000からハンディターミナルへ、またはBluetoothプリンタで印刷

■使用Bluetoothプロファイル
 『SPP』


■「Parani-MSP1000」のメリット

IPネットワーク用に新しくアプリケーションを開発する必要はありません。
PC(サーバ)に、「Serial/IP」というアプリケーション(「Parani-MSP1000」にバンドル)を使用して仮想COMポートを作成することにより、シリアル機器で使用していたアプリケーションをそのまま使用することができます。

事例


製品(Bluetoothアクセスポイント Parani-MSP1000シリーズ)


Parani-MSP1000-07
Parani-MSP1000-07

製品番号:0402006
7台サポート
Bluetoothアクセスポイント(Class1)
TELEC, FCC, CE, MIC, RoHS

詳細はこちら


Parani-MSP1000-14
Parani-MSP1000-14

製品番号:0402007
14台サポート
Bluetoothアクセスポイント(Class1)
TELEC, FCC, CE, MIC, RoHS

詳細はこちら



Parani-MSP1000-28
Parani-MSP1000-28

製品番号:0402008
28台サポート
Bluetoothアクセスポイント(Class1)
TELEC, FCC, CE, MIC, RoHS

詳細はこちら


Parani-MSP1000-28
 

 



Parani-MSP1000シリーズの特長
  ○ 最大28台のBluetooth機器を同時接続   ○ 150mの通信距離、3Mbpsの通信速度
  ○ 通信ログのバッファリング、ロギング機能   ○ 堅牢なセキュリティ対策
  ○ 管理の容易さと手軽さ   ○ 自由にカスタマイズ
  ○ Bluetoothの多彩な機能に対応   ○ 接続台数のニーズに応じて選べる3モデル
  ○ 使用Bluetoothプロファイル:Serial Port Profile他    
声と声をつなぐ - 携帯電話・トランシーバー不要
シリアルケーブルからの解放 - 便利な使い方