インターソリューションマーケティング

シリアルで機器制御 1:N

ソリューション

シリアルで機器制御 1:N

概要


親機1台が複数の子機を制御する。この図の場合には、「スーパデバイスサーバー」8ポートモデルの一つのポートに親機を接続し、LAN/WAN経由で支店にある子機3台を「スーパデバイスサーバー」8ポートモデルのポート それぞれに接続し制御する。

構成図


シリアルで機器制御1:N

シリアルで機器制御1:N

親機のポート 1に対して、子機 a、b、c それぞれと通信する。
子機aは、親機のポート1とのあいだで制御信号のやりとり。
子機bも、親機のポート1とのあいだで制御信号のやりとり。
他の子機も同様。

接続のバリエーション
本社 SS100(1ポート)、支社 SS800 本社SS100(1ポート)、支社STS1600 (RS232の場合) の接続も可。
 
製品ファミリー
RS232 RS422 RS485 in One : SS100 ポート数 : 1
RS232 in One : STS1600、STS800 ポート数 : 16 / 8

できること


親機、子機との間の距離に制約はなくなる。LAN/WAN経由であっても、近距離のシリアル接続と同じように機器制御ができる。
声と声をつなぐ - 携帯電話・トランシーバー不要
シリアルケーブルからの解放 - 便利な使い方