インターソリューションマーケティング

遠隔システムで運用管理

遠隔システムで運用管理
遠隔地から、データセンター、情報システムセンターの各機器を運用管理することができます 。不具合発生時の応急対応に必須のソリューションです。
遠隔システム運用管理

こんな時・・・ いま、あなたはどうしていますか

システムが止まってしまった時
IAサーバーがダウンしてしまったのだろうか

通信サービス提供ができなくなった時
ネットワークノードの機器がダウン?

ネットワーク障害が起った時
LANがフリーズしてしまったのだろうか


そんな時・・・!
システムサーバーやネットワーク機器(ルータ、スイッチ、UPSなど)へのログインを、「コンソールサーバー」経由でローカル/リモートから行えます 。
【対応製品】
  「STSシリーズ」
   ●シリアルポート:RJ45  ●19インチラック1Uサイズ  ●接続台数:16、32、48台
接続図
システム機器、ネットワーク機器の全体ネットワーク図
【図中の赤い線】
システムサーバーやネットワーク機器(ルータ、スイッチ、UPSなど)のコンソールポートと「コンソールサーバー」のシリアルポート(RJ45)をケーブル接続する。

【事例の青い線】
LAN接続する。

■遠隔地にある1台の機器を運用管理
遠隔地にある1台の機器を運用管理
【ポイント】
ネットワーク機器に障害が発生した時、その通信ログを、SS100 のポートバッファで知ることができる。復旧に向け、即、次のアクションが取りやすくなる。

【製品ファミリー】
遠隔地で運用管理する機器数が多いとき、機能機製品 モデル STS(sa最大16/1U)がある。


【できること】
・機器のファームウェアをバージョンアップ
・万が一、その機器に障害を生じた時の復旧。通信ログバッファをもつ「スーパーデバイスサーバーSS100(1ポート)」へログインし、障害発生時の機器からの通信メッセージを知る。時間短縮、コスト削減。

事例


製品


SENA LS110
LS110

製品番号:0400302
ポート数:1
PSE, FCC, CE, MIC, RoHS

詳細はこちら


PS110
PS110

製品番号:0400401
ポート数:1
RS-232c、RS-422、RS-485
PSE、FCC、CE、MIC、RoHS

詳細はこちら



SENA PS410
PS410

製品番号:0400404
ポート数:4
RS-232c、RS-422, RS-485
PSE, FCC, CE, MIC, RoHS

詳細はこちら


SENA PS810
PS810

製品番号:0400408
ポート数:8
RS-232c、RS-422, RS-485
PSE, FCC, CE, MIC, RoHS

詳細はこちら



SENA SS100
SS100

製品番号:0400200
ポート数:1
RS-232c、RS-422, RS-485
PSE, FCC, CE, MIC, RoHS

詳細はこちら


STS400
STS400

製品番号:0400104
ポート数:4
RS-232c、RS-422, RS-485
PSE, FCC, CE, MIC, RoHS

詳細はこちら



STS800
STS800

製品番号:0400108
ポート数:8(RJ-45 X 8ポート)
RS-232c
PSE, FCC, CE, MIC, RoHS

詳細はこちら


STS1600
STS1600

製品番号:0400116
ポート数:16(RJ-45 X 16ポート)
RS-232c、RS-422, RS-485
PSE, FCC, CE, MIC, RoHS

詳細はこちら



声と声をつなぐ - 携帯電話・トランシーバー不要
シリアルケーブルからの解放 - 便利な使い方