インターソリューションマーケティング

遠隔地にある1台の機器を運用管理

遠隔地にある1台の機器を運用管理

概要


システム運用管理センターから、全国の遠隔地の設置している機器、あるいは特定の機器1台のみを運用管理するために何か方法はありませんか。

構成図


遠隔地にある1台の機器を運用管理

遠隔地にある1台の機器を運用管理

システム運用管理センターから、遠隔地に設置されている機器、1台のみを運用管理する。

ポイント
ネットワーク機器に障害が発生した時、その通信ログを、SS100 のポートバッファで知ることができる。復旧に向け、即、次のアクションが取りやすくなる。
 
製品ファミリー
遠隔地で運用管理する機器数が多いとき、高機能機製品 モデル CM(最大48/1U)、基本機能機製品 モデル STS(sa最大16/1U)がある。

できること


・機器のファームウェアをバージョンアップ
・万が一、その機器に障害を生じた時の復旧。通信ログバッファをもつ「スーパーデバイスサーバーSS100(1ポート)」へログインし、障害発生時の機器からの通信メッセージを知る。時間短縮、コスト削減。
声と声をつなぐ - 携帯電話・トランシーバー不要
シリアルケーブルからの解放 - 便利な使い方