インターソリューションマーケティング

シリアルケーブルからの解放 - 便利な使い方:ご提案

提案例:シリアルケーブルからの解放 - 便利な使い方

【その1】:RS232Cから422/485へシリアル通信(変換器不要)


[422/485 変換アダプター不要]
PC側がRS232C、相手の機器が422/485の時、通常RS232Cから変換器を使って422/485 変換を行います。Bluetoothで行うと、その変換は不要になります。しかも、ケーブルから解放します。 ParaniSD1000はPC側からの物理的信号データをBluetoothデータにエミュレートし、ParaniSD1100側ではSD1000からのBluetoothデータを物理的な信号データにするからです。
RS232Cから422/485へシリアル通信(変換器不要)

【その2】:アンドロイドPC(Bluetooth対応)とシリアル機器間でシリアル通信


アンドロイドPCもWindowsPCと同じようにシリアル通信ができます。
シリアル通信を行うターミナルソフトウェアには、WindowsPC用に、ハイパーターミナルやTera Terminal など。Andriodにはシリアル通信のターミナルソフトウェア、ここではBluetooth SPP(Serial Port Profile)に対応しているSena Btermを使用します。 通信距離を伸ばしたい時、Parani-SD1000U(物理インターフェース USB)が役に立ちます。通信距離は 100メートル以上することができます。

(例)Sony Tabletの場合、USBポートはマイクロUSBですので、オプションUSBケーブル型番SGPUC1を使用、Parani-SD1000Uとつなぐことができます。
アンドロイドPC(Bluetooth対応)とシリアル機器間でシリアル通信

【その3】:Windows MobileとのBluetoothシリアル通信距離を100メートル伸ばす


ハンディーなWindowsMobile端末をホストとして使うには、その通信距離が短い、という声を聞きます。Window Mobile端末のUSBポートに Parani-SD1000U(物理インターフェース USB)をつなげば、通信距離は、100メートル、オプションのアンテナをつければ、200メートル、400メートル離れた機器と通信できます。
(重要)Parani-SD1000Uを使うためには、Windows Mobile端末にUSBのHOST Featureが必要です。
Windows MobileとのBluetoothシリアル通信距離を100メートル伸ばす
声と声をつなぐ - 携帯電話・トランシーバー不要
シリアルケーブルからの解放 - 便利な使い方